2020/11/30 更新 三井住友信託銀行

【三井住友信託銀行】

  • 三井住友信託銀行
  • ビジネス
  • 企業理解
  • 若手

会社員18人のチャレンジヒストリーを公開 「自分の仕事」ってどう見つけたの?
「自分が本気で打ち込める仕事」って、一体どうすれば見つかるんだろう?その答えを探るべく、この特集では、トップカンパニーで働く若手社員たちに、どんなチャレンジを経て「本気で打ち込める仕事」に出会ったのかを聞いてみた。自分に合った仕事は、どんな環境で、どう仕事に向き合えば見つかるのか。先輩たちの姿を通して考えてみよう。

ストラクチャードファイナンス部 アセットファイナンスチーム  主務 西牧和希氏
早稲田大学政治経済学部卒業。
大学時代は予備校のチューターやアメリカ留学などを経験し、2016年に三井住友信託銀行に入社。
大手企業の法人営業担当を経て、17年5月よりストラクチャードファイナンス部に異動。
現在は業界内でも専門性の高い航空機ファイナンス業務を担当し、顧客交渉やトレーニーの指導など幅広い業務を担う

2年目で100億円超えの融資案件を交渉から担当
20代から貪欲に経験を積む

Q1.入社の理由は?

A.「20代で経験できる裁量の大きさ」と「グローバルに働けること」を軸に就職活動していた私にぴったりだったからです。信託銀行は案件の規模も扱う金額も大きい上、少数精鋭。その中でも当社は、20代から裁量が大きい仕事にチャレンジできる環境が整っていました。また日本に拠点を置く外資系企業より、海外を拠点とする日系企業のグローバル案件の方が、本質的に国際的な環境に身を置けると感じ、入社を決意しました。

Q2.「やりたいこと」はどう変わった?

A.これまでは漠然と海外で働きたいと思っていましたが、実際にグローバルな案件に携わる中で、当社の海外ビジネスの在り方を考えられる人材になりたいと思うようになりました。そのきっかけの一つが、海外の航空会社への融資案件。世界各国約20名のメンバーと連携する中で、海外で働くということについてイメージできるようになっていきました。今後は、目標に向けてマネジメントの基礎力を身に付けていきたいです。

Q3.仕事のやりがいは?

A.若手のうちから、チームの一員として裁量の大きな仕事に携われていることですね。私は入社2年目から、航空機ファイナンスという非常に専門性の高い融資案件を手掛け、スキームを考えるフェーズから条件交渉まで責任を持って担当しています。航空機ファイナンス業界の第一人者である方と共に海外出張をさせていただくこともあり、20代でこのような貴重な経験ができているのは、当社ならではだと感じています。

Q4.働く原動力になっているものは?

A.お客さまをはじめ上司やチームメンバーなど周囲の人々から頼りにされる存在になりたいという思いと、自身の成長の実感が、私を突き動かす原動力です。周囲から信頼される人になるためには、日頃からできることを増やし、自分自身を成長させることが必要不可欠であると思っています。そのためにも今後は、まだ挑戦したことがない案件や業務に、これまで以上に果敢にチャレンジしていきます。

Q5.仕事を通じて成し遂げたいことは?

A.三井住友信託銀行における海外関連のビジネスをけん引していける人材になることです。長い歴史を持つ当社ですが、海外関連事業においては、他の金融機関と比較すると発展の余地があるのが現状。これに貢献していくため、海外支店で働き、現地のお客さまやスタッフとの仕事を通して、まずは日本では得られない知識や考え方を習得したいですね。そしていずれは、当社の海外ビジネスに影響を与えていきたいです。

Q6.就活生にメッセージ

A.まずは目の前の仕事に責任を持ち、最後までやり切ることを心掛けてみてください。当社は若手に積極的にチャンスを与えてくれるからこそ、次々に新しい挑戦の機会が舞い込んできます。初めは壁にぶつかることもありますが、目の前のことに挑戦し続けることでできることが増え、また新たなチャンスを与えてもらえると実感しています。目の前の仕事に向き合い続けることで、熱中できる仕事が見つかるはずですよ。

これまでのチャレンジヒストリー

  • 1年目

    入社後わずか半年で複数企業の主担当に

    入社1年目から約10社の主担当に。審査部との協議が難航した案件もありましたが、一つずつ丁寧に解決したことで無事融資を実現できました

  • 2年目

    条件交渉から手掛けた航空機リース案件

    アセットファイナンスチームに異動後、海外の航空機リース会社向けの融資案件で初めて条件交渉から担当しました。お客さまは海外の企業で融資金額は約110億円。難易度の高い案件でしたが、新しい試みがお客さまの組織改善にもつながり、喜びと達成感を得ることができました

  • 4年目

    視座を高められた初のトレーニー指導

    航空機ファイナンス業務に関心を持たれている地方銀行さまからトレーニーの方を受け入れた際、指導役を務めることになりました。マネジメント業務は初めての挑戦。自ら手を動かさずに業務を完遂することは非常に難しかったですが、人の成功体験に貢献できる喜びを得たと同時に、自分の経験値も高めることができました

合わせて読みたいこの企業の記事