Deloitte Analytics(有限責任監査法人トーマツ)2021/5/14 更新

DX時代の企業経営リスクにも柔軟にフィット
専門家集団のIT化に注力

  • 有限責任監査法人トーマツ
  • インターン
  • 人事

リーディングカンパニー37社の人事に聞く
学生が知らない成長企業の真実

就職活動に臨むにあたって、企業研究を行う学生は多いだろう。その時に気になるポイントの一つが、会社の成長性だ。では、会社の成長とは何か。その成長を支えるものとは何なのか。そして、成長企業に新卒入社し、働く醍醐味とは……? 国内リーディングカンパニー37社の人事・採用担当者に、各社の事例で“成長企業の真実”を聞いた。

※この記事は特別冊子「インターンシップ・ラボ2021」のweb転載です

有限責任監査法人トーマツ

デロイト トウシュ トーマツ リミテッドのメンバーファームの一員。1968年に創立して以来、監査やリスクアドバイザリーなどのサービスを提供し、企業の経営をグローバルに支援している日本最大級の監査法人

リスクアドバイザリー事業本部
新卒採用チーム
森 沙季

「経済社会の公正を守り、率先してその発展に貢献する」ことを経営理念に掲げ、企業経営を支援している有限責任監査法人トーマツ
(以下、トーマツ)。監査・保証業務やリスクアドバイザリーの領域における高度な専門性、全世界150を超える国・地域でサービスを提供できるグローバルなカバー力を強みに、企業価値向上と資本市場の発展に寄与してきました。

IFRS(国際会計基準)への対応や経理・決算業務の高度化支援、内部統制構築支援など、監査の知見から派生したリスクアドバイザリーサービスのニーズは途絶えませんが、DX時代を迎え支援内容にも変化が。IoTやクラウドの普及、コロナ禍におけるリモートワークの加速など、企業経営におけるデジタル化に伴って、クライアントの経営課題もITが色濃く関わるように。例えば、RPA導入に伴う業務プロセスの見直しや、デジタル化による新たな視点でのリスク管理など、プロジェクトにより形を変えながらも、もはやITが全く関係しない案件は存在しません。プロフェッショナルにも会計やリスクに関する専門性だけではなく、IT領域への理解が求められる時代に突入しています。

監査法人として「守り」のイメージが強く、人員規模6000人以上という大所帯のトーマツにとって、時代の変化に応じて自分たちの武器をフレキシブルに変えていくことは不可能だと思う方は多いかもしれません。しかし私たちはお客さまのニーズに応え続けるために、まさに今「専門家集団のIT化」に注力しています。

IT領域への理解と従来のリスクアドバイザリーの知見を有する人材というとハードルが高いと感じる方もいるでしょう。しかしトーマツのミッションは一人で完結するものではありません。大切なのはクライアントの課題に応じ、周りに働きかけてそれらをつないでいくこと。

世界中に拠点を構えるデロイトメンバーファームのネットワークもその一つ。メンバーファーム同士で連携をとり、各国のテクノロジーのプロフェッショナルとチームを結成。世界中の知見を集約することで、最先端のIT領域のサービス提供を可能にしています。
もちろんトーマツにも多くのIT専門家が在籍しています。システムリスクやITガバナンス、データアナリティクスといった分野の専門家と、会計やビジネスリスクの専門家がタッグを組むことも今や日常です。

とはいえ、自分自身が領域を広げていくことは重要。トーマツでは全てのプロフェッショナルのITリテラシーの底上げを図るプロジェクトをスタート。個人のレベルに応じたeラーニングなどを通じて、ITを用いたソリューション提案にも対応できる人材育成を推し進めています。

専門領域を追究しつつ柔軟に変化を恐れず前進できる人材

今後も、当社にはIT化を絡めた企業経営の支援ニーズが増えていくでしょう。あるいは会計でも、リスクでも、ITでもない、全く別領域の知見を求められる可能性もあります。複雑化する経営環境において、クライアントに選ばれ続ける存在であるためには、時代の変化に応じて考え方を変えていける柔軟性がカギになっていきます。

だからこそ、採用において重視しているのは、現時点での知識よりも、専門性を追究していく姿勢と、状況に応じて自身の在り方を変えていける柔軟さ。特定分野の知見やノウハウを持ちつつも、時代の流れに即して、新たな知識も貪欲に求めていけるスタンスが重要だと考えています。

必要なスキルや各領域の専門性は、入社後に十分高めることができる仕組みが当社にはあります。うまく活用し、主体的に自身の専門性を確立してほしいですね。ぜひ当社で、とがったナレッジと柔軟性を持ち合わせた、いつの時代も活躍するプロフェッショナルとしてのキャリアを築いてください。

合わせて読みたいこの企業の記事