アクセンチュア2021/5/14 更新

部署異動も自ら手を挙げ、実現できる
個の力を尊重する教育が成長の鍵

  • アクセンチュア
  • インターン
  • 人事

リーディングカンパニー37社の人事に聞く
学生が知らない成長企業の真実

就職活動に臨むにあたって、企業研究を行う学生は多いだろう。その時に気になるポイントの一つが、会社の成長性だ。では、会社の成長とは何か。その成長を支えるものとは何なのか。そして、成長企業に新卒入社し、働く醍醐味とは……? 国内リーディングカンパニー37社の人事・採用担当者に、各社の事例で“成長企業の真実”を聞いた。

※この記事は特別冊子「インターンシップ・ラボ2021」のweb転載です

アクセンチュア

デジタル、クラウドおよびセキュリティー領域において卓越した能力で世界をリードする、プロフェッショナルサービス企業。社員数は53万7000人、世界120カ国以上でサービスを提供している

人事本部 リクルーティング(新卒採用統括)
髙畑早希

アクセンチュアはテクノロジーやデジタル技術の力で、グローバルネットワークを活用しながら、さまざまな業界のお客さまのビジネス変革を支援しています。戦略策定からシステムの開発、運用まで一気通貫で行える体制が社内に整っていることも特長です。近年はDX(デジタルトランスフォーメーション)の波により、コンサルティングファームの中でも先んじてデジタル領域のノウハウを培ってきたアクセンチュアへのご依頼が増加。社員数も7年前と比べ3倍以上に増えるなど、飛躍を遂げています。

この成長の理由には、積み重ねてきた技術力やグローバルを通じた潤沢なリソースが挙げられますが、最も重要なのはアクセンチュアの社員一人一人が持つ知識や経験です。DXは技術を導入して終わりではなく、お客さまの未来を見据え、新たなビジネスモデルを創造するほどの変革を行います。そのため、社員は知識を有するだけではなく、知識を活用してお客さまをけん引し、多くの人を巻き込む主体性が不可欠です。お客さまが必要としているのは戦略だけではなく、成功に導くコンサルティングの力なのです。だからこそ、アクセンチュアでは入社後、社員が能動的に行動し、最大限個人の力を伸ばせるような教育体制を整えています。

例えば、全世界の仲間や各分野のエキスパートと共に学べる、全91クラスにも及ぶ「コネクテッド・クラスルーム」で関心ある分野を専門的に磨けるほか、充実したオンライントレーニングプログラムや社外のトレーニング機会などを通じて、最先端の技術を学ぶことができます。また、資格取得のためのサポートも豊富です。

これらのメニューは画一的ではありません。主体性と個性を重視するアクセンチュアでは、各社員の理想のキャリアやスキルに応じて、必要なメニューを自ら選択することが求められます。プロジェクトへの参加や部署の異動も同様に、自発的に手を挙げる制度となっています。お客さまの変革を実現するために、社員自身が常に学び、変化し続けていく、という「Continuous Learner」の姿勢が、アクセンチュアの全社員に根付いていることが、個人の力を発揮させる素地となっているのです。

「360°バリュー」提供のため個性が輝く企業へ

学生の皆さんの中にはコンサルティングファームに対して「Up or Out(昇進か退職か)」というシビアなイメージを持たれている方もいるでしょう。しかし、社員の弱みではなく強みを評価し、個性を十分発揮できる場所を推奨するのがアクセンチュアのスタイルです。そして、個の力を融合させ、多様なスキルを持つ人材がチームとなってプロジェクトの成果につなげています。社内にはコンサルタントやエンジニア、デザイナーなど幅広い人材が集結しており、国を超え、グローバル全体でコラボレーションができる土壌もアクセンチュアの魅力でしょう。

現在アクセンチュアでは「360°バリュー」という目標を全社で掲げています。利益拡大やコスト削減だけではなく、お客さまの組織力の強化やサステナビリティーへの取り組みなども含めて価値を提供していくという意味が込められた言葉です。社員の個性を尊重し合い、多様な価値観を融合させることで、イノベーションを起こすことを目指しています。

その環境を肌で感じられるインターンシップを今夏・秋に開催予定です。参加者の皆さんには仮想の企業の課題に対して、チームで取り組んでいただきます。各チームにはサポーター社員がつき、皆さんの力を引き出せるよう全力でサポートします。実際の業務に近い環境で、コンサルタントやエンジニア、クリエイターなどさまざまな職種の仕事を体験できるプログラムとなっています。知的好奇心があり、社会への変革に胸躍る方に、ぜひ挑戦してほしいですね。

合わせて読みたいこの企業の記事