コンチネンタル・オートモーティブ株式会社

フォローすると最新情報が届きます(フォロー済みの場合は、フォローを解除できます)

会社概要

基本情報
【自動車業界のミライを創造する】
150年の歴史があり、約60ヵ国に23万人を超える従業員で自動車部品の全領域を手掛けているコンチネンタルだからこそ提案できる、未来のモビリティを創造する先進技術を開発しています。

例えば、自動運転、電気自動車、コネクテッドカーなど話題の分野はもちろん、未来のクルマづくりに革新を起こす会社として業界をリードしています。
メッセージ
<戦略・ビジョン>
さぁ、ともにクルマの未来を動かそう。

1871年、ドイツ・ハノーバーに産声を上げたコンチネンタルは、約60ヵ国、23万人を超える従業員をもつグローバルカンパニーとして、世界中の人々が思い描くモビリティを現実のものにするサポートをしています。たとえば自動運転のトレンドについて、コンチネンタルは2012年に米国ネバダ州の公道で自動運転試験を開始し、2014年からは日本の公道でも自動運転試験を行っています。開発プラットフォームにはセンサー類からコントロールユニット、ソフトウェアアルゴリズム、タイヤ、表面素材、ブレーキシステム、そして駆動技術にいたるまで、コンチネンタルが長年取り組んできた多種多様なテクノロジーが使用されています。


<技術・開発力>
モビリティを進化させ、モビリティの未来を拓く

車線逸脱警告システムからブレーキアシストシステム(BAS)まで、未来の自動運転の基礎を築くのは今日の先進運転者支援システムです。安全性をフルサポートする自動車用ABSシステム、最先端の画像認識システム、コネクテッドカーに欠かせない統合的インテリアプラットフォーム、空気圧などタイヤのステータスを走行中に確認できるContiSenseシステムなど。アイデアを共有し、新製品の創造や変化を起こし、目標達成に向けイニシアチブをとり、拠点や国を超えた先駆的なプロジェクトに携わっています。


<社風・風土>
ダイバーシティな環境下で、世界を舞台にビジネスを展開

ビジョンや革新性を生み出すためには、様々な視点や価値観、経験や文化の違いを尊重することが必要だと考えています。コンチネンタル・ジャパンは30カ国籍の社員で構成された環境で、英語を始めグローバルなコミュニケーションスキルも身に付きます。フレキシブルなワークスタイルを実現できる環境を整えており、スーパーフレックス・在宅勤務といった多様な働き方、活発な議論のために最適化されたミーティングルームやコラボカフェなどの全社員共有スペース、さまざまな趣味・特技を持つ社員による新しい自分の発見の機会「HIRUKATSU(昼活)」など様々な環境や取り組みを行っております。

企業情報

設立年月日
2000年12月4日
資本金
53億67万1000円
売上高
2020年度 377億ユーロ(約5兆円)
代表者
代表取締役社長 ベルトルド・ヴォーフラム
従業員数
約1600名(平均年齢42.2歳) ※グループ:約23万名
所在地
●本社/神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1‐1‐32 ニューステージ横浜 
●横浜エンジニアリングセンター 
●豊田エンジニアリングセンター 
●品川オフィス 
●浜北工場 
●旭テストセンター 
●紋別テストセンター  
その他事業所
事業内容
コンチネンタルは約60カ国に23万人を超える従業員をもつ、ドイツ生まれのグローバルカンパニーです。150年の歴史をもち、現在では自動運転やコネクテッドカー、そしてEV向けのソリューション、HMI、高性能なタイヤ等、未来のモビリティを創造する先進技術を開発しています。
拠点や国を越えてアイデアを共有し、新製品の創造や変化を起こします。そのために目標達成に向けイニシアチブをとり、先駆的なプロジェクトを実現しています。
制度
<勤務>
スーパーフレックス制度 6:00~22:00の時間帯で、自由に勤務時間を選択できる制度(標準労働時間8時間/日)
※多くの社員がフレックス制度を活用しており、10:00出社や17:30退社など、フレキシブルに勤務時間を調整しています。
※在宅勤務制度 有

<諸手当>
通勤手当、残業手当/休日出勤手当、住宅補助手当

<賞与>
計 3回/年
 固定賞与 2回(1.75カ月×2回)
 業績賞与 1回(業績目標100%達成時:年収×10.0%)

<福利厚生>
英会話研修(毎週の英会話や会社負担での英語試験受験など多数制度あり)、海外研修、Welbox、財形制度、慶弔災害見舞金制度、確定拠出年金制度(マッチング拠出制度あり)

関連リンク