【24卒】日本オラクル 本選考エントリー ソフトウェア・情報処理

日本オラクル

世界トップクラスのグローバルIT企業|豊富なサービスラインナップ|データベース領域のリーディングカンパニー

【24卒】日本オラクル 本選考エントリー

  • 職種別
  • 文理不問
  • 大学院生歓迎
  • 英語力が活かせる
掲載開始日:2022年11月16日 00:00~
募集種別
本選考
エントリー期限
2023年01月31日 23:59
対象年度
2024卒
エントリー制限
1つの職種のみエントリー可
ポイント ■ 日本オラクルとは
アメリカに本社を置くグローバルIT企業です。弊社はクラウドソリューションで業界をリードし、世界175の国と地域で43万社以上のお客様を誇る会社です。
世界中のオラクルの中でも、日本オラクルは売上、サービス共にアジア最大規模となっています。

ここからIT業界のリーダーとしてお客様のビジネスに貢献しませんか?
あなたのチャレンジをお待ちしております。


■ 2024年卒採用のエントリー大募集!!
■ 業界をリードする企業に挑戦しませんか
■ 国内のみならずグローバル規模での成長ができる環境
■ 柔軟な働き方 - リモートワーク・フレックスタイム

【企業実績】
・「LinkedIn社 今働きたい会社Top25」選出(2022)
・米Forbes誌「世界で最も価値のある企業」選出(2020)
・PRIDE指標 4年連続【ゴールド】受賞 (work with Pride)
・ダイバーシティ・キャリア誌「最も多様性のある企業」選出(2020)
・ヒューマン・ライツ・キャンペーン 「企業平等指数」において14年連続で100%の評価


【各部門の社員紹介記事はこちら!】
・コンサルタント
https://blogs.oracle.com/jobsatoracle/post/how-this-curious-consultant-is-expanding-her-tech-knowledge

・セールス
https://blogs.oracle.com/jobsatoracle/post/customer-centric-enough-to-tackle-a-role-in-tech-sales

・ソリューションエンジニア
https://blogs.oracle.com/jobsatoracle/post/cloud-solution-engineer-supporting-the-foundations-of-japanese-society

募集要項

募集概要
2024年卒採用では、以下の3職種で募集を行います。
各職種の詳細については、「詳細を見る」ボタンよりご確認ください。

【募集職種】
①セールス職
②コンサルタント職
③ソリューションエンジニア職

【採用予定人数】
・50名程度

【対象学部】
①全学部全学科
②全学部全学科
③理系学部 歓迎

【こんな方とお会いしたいです】
・テクノロジーへの興味と熱意のある方
・失敗を恐れずチャレンジしていける方
・主体性を持って仕事に取り組める方
エントリー期間
2022年11月16日 00:00~2023年01月31日 23:59
注意事項
・エントリー必須となります
・面接にお進みいただきたい方には個別にご連絡いたします
・募集ポジションが定員に達するなどの理由によりクローズした場合、予告なく終了する可能性がございます。お早めにエントリーください

【選考の流れ】
(1)まずは、エントリーページよりエントリーください

(2)エントリー時に、1-2点質問項目がありますので、そちらご回答ください

(3)ご入力いただいた内容を確認し、面接にお進みいただきたい方には、後日個別にご連絡させていただきます

※日本オラクルの採用メールアドレスより、今後個別にご連絡をいたします。
※迷惑メールフォルダ等に自動でメールが振り分けられてしまう可能性があります。一度、迷惑メールフォルダのご確認をいただきたくお願いいたします。

会社概要

企業情報を見る
設立
1985年10月15日
資本金
249億7500万円
代表者名
代表執行役 内海 寛子
従業員数
2,600名
所在地
【東京本社】
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

【米国本社】
Oracle Corporation
2300 Oracle Way
Austin, TX 78741
事業内容
企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェア、クラウドサービスならびにそれらの利⽤を⽀援する各種サービスの提供。
制度
<待遇・福利厚生>
社会保険完備、確定拠出年金制度、総合福祉団体定期保険、団体長期障害所得補償保険、カフェテリアプラン、健康保険組合保養所、財形貯蓄、社員持株会、各種クラブ活動補助

<教育制度>
人材育成・技術知識などを各フェーズのニーズに合わせ網羅的に提供。
例:新入社員研修(ビジネスマナー、プレゼンテーション、ロジカルシンキング、基礎技術研修ほか)、ビジネススキル研修、オンラインラーニング(技術・ビジネススキルほか)

募集職種一覧