2024/6/17 更新 自己分析

あなたの個性や性格を表す言葉は何でしょうか?

  • コラム
  • 就職活動
  • 自己分析

この記事のまとめ

■面接で説得力のある自己PRをするためには…
・自己分析をすることが、非常に重要!!!
・自分がどんな人間を理解したうえで、それを裏付けるエピソードを探してみよう!
 例:私には責任感があります!
   ⇒第3者からみて、あなたは責任感のある人だ!とわかるエピソードを探す。    

より良い就活を実現するためには自分の価値観や強み、経験を整理することが重要です。

このような自己理解が進むことで、自分にマッチする企業を見極めやすくなります。また、面接でも自己アピールできる軸を持つことができます。ただ、自分のことを振り返る機会は少ないでしょう。

今回は、あなたの個性や性格を振り返る方法をお伝えします。

個性や性格を振り返る方法

■あなたにあてはまる言葉を5つ選びましょう。

「勤勉」 「柔軟」 「誠実」 「堅実」 「慎重」
「謙虚」 「繊細」 「素直」 「大胆」 「冷静」
「大胆」 「短気」 「淡泊」 「緻密」 「律儀」
「明るい」 「集中力」 「のん気」 「自立心」 
「感情的」 「責任感」 「優しい」 「論理的」
「学者肌」 「協調性」 「凝り性」 「楽観的」
「積極的」 「合理的」 「好奇心」 「批評家」
「神経質」 「消極的」 「常識的」 「悲観的」「道徳的」
「行動力」 「社交的」 「直感的」 「内向的」「独創的」 
「我慢強い」 「優柔不断」 「ユーモア」 
「自己中心的」 「負けず嫌い」

自分にあてはまる言葉を選ぶことで自己理解が深まり、選ばなかった言葉は自分と異なることを認識することができます。

次は選んだ5つから特に自分にあてはまるものを3つ選んでください。この3つの言葉はあなたの個性や性格に紐づきが強いものです。 さらに自己理解を進めるために、その言葉を選んだ理由を過去の出来事をもとにして書き出してみましょう。

例えば、「行動力」を選んだ場合、「友人を誘って東京から新潟まで野宿しながらサイクリングした」など、思い付く経験を言語化してみましょう。

ポイントは複数の経験を思い出して書き出すことです。文章にすることが難しければ、箇条書きやキーワードのみでも問題ありません。選んだ言葉と自分の経験が紐づけられることを自己理解することが肝心です。
就活の面接では自己紹介や自分の強みについて、よく聞かれます。その際に、なんとなく自分は「行動力」があると思ってアピールすることと、自分の経験をもとにしてアピールすることには大きな違いがあります。後者であれば、面接官から「行動力」をアピールした根拠を聞かれた際に過去の経験を伝えられるようになります。


面接の流れは基本的に面接官からの質問→あなたのアピール→面接官からの追加質問→あなたの回答が繰り返されます。
もし、何となくアピールしてしまうとその後の追加質問で回答もあやふやになり、説得力もなくなってしまうでしょう。自分をアピールするためにも、個性や性格の自己理解からはじめてみましょう。

文:丸山 智士(就活系Twitter:就活生に知られたくないっ!※フォロワー8万以上)
著書:不安を自信に変える!就活面接【正しい】答えかた/秀和システム

就職活動やインターンシップ情報が知りたい方はこちら

\ インターン参加確約のチャンス! /
【26卒|オンライン座談会】を開催します!

イベントの内容を見る!


文系向けでは、大樹生命保険、日本生活協同連合組合(co-op)など5社、 理系向けでは、コクヨ、テクノプロなど成長企業5社が登壇|企業と座談会形式で話して、インターンシップ参加のチャンスを得よう!

>>>イベントの内容を見る!

■こんな方におすすめ■
・20代のうちから裁量権を持って働きたい
・さまざまな業界・企業を見てみたい
・時間がないので1日で多くの企業のインターンシップ情報が欲しい

■参加特典■
\ サマーインターンシップ対策としても活用できる /
★大手外資系コンサルティングファームから内定を獲得したtype就活インターン生が監修!オリジナル夏の就活応援BOOK
└・自己分析、ガクチカの作成プロセス
 ・業界研究、企業研究のやり方
 ・座談会で企業に聞くべき内容などの座談会活用法
※PDFにてお送りします
★後日、企業からインターンシップの参加確約オファーが届くチャンスがあります!
 
少しでも気になった方は、ぜひイベントの詳細を確認してみてください!⇩⇩
>>>イベントの内容を見る!

選考対策のエントリーはこちら

就職活動やインターンイベント、セミナーに簡単登録
新規会員登録・エントリーはこちらから