デロイト トーマツ サイバー2021/4/01 更新

サイバーセキュリティーは「守り」から
ビジネスの成長に不可欠な「攻め」の分野に

  • インターン
  • デトロイト トーマツ サイバー
  • 人事

リーディングカンパニー37社の人事に聞く
学生が知らない成長企業の真実

就職活動に臨むにあたって、企業研究を行う学生は多いだろう。その時に気になるポイントの一つが、会社の成長性だ。では、会社の成長とは何か。その成長を支えるものとは何なのか。そして、成長企業に新卒入社し、働く醍醐味とは……? 国内リーディングカンパニー37社の人事・採用担当者に、各社の事例で“成長企業の真実”を聞いた。

デロイト トーマツ サイバー

デロイト トーマツ グループのメンバーファーム。企業の重要な経営課題の1つであるサイバーセキュリティーに主に専門特化し、企業の持続的成長や競争力の向上に向けたサイバー領域におけるあらゆる支援を行う

新卒採用チーム
チェ・ジス

デロイト トーマツ サイバー(以下、DTCY)は、デロイト トーマツ グループに属するサイバーセキュリティー領域の専門家を集め誕生したコンサルティングカンパニーです。経営戦略やM&A支援、ITアドバイザリーなど、あらゆる分野のプロフェッショナルを擁するデロイト トーマツ グループの総合力と、DTCYの専門性のかけ合わせにより、大きな価値を発揮しています。また、デロイトは150以上の国・地域に展開するグローバルなメンバーファームでありながら、各国がフラットで自主的に経営を行っているため、日本のクライアント、マーケットに沿ったサービスの提供が可能です。

そんなDTCYには、あまり知られていないビジネスも多く存在します。例えば、規制や法律に基づいた企業の情報セキュリティー・個人情報保護などに関するルールの策定はその一つ。技術に精通した理系出身のプロフェッショナルはもちろん、法律などを学んだ文系出身のプロフェッショナルも活躍しています。また、高度化するあらゆるサイバー攻撃に対処するため、疑似的に企業にサイバー攻撃を仕掛け、セキュリティーの穴を探る「Red Team Operations」も当社の重要なサービスの一つです。

サイバーセキュリティーはリスクに備える「守り」のビジネスだと思われがちですが、昨今では「攻め」の側面が強く、「ビジネスを拡大するための差別化要因」になりつつあります。近年のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)で、世の中のサービスや製品はデジタルをベースにしたものに変化。デジタルにはサイバーリスクが必ず付いて回るため、サイバーセキュリティーなくしてサービスや製品は成り立ちません。分かりやすい事例としては、自動車業界の自動運転技術を実装したコネクテッドカーがあげられます。ハッキングされると人命を脅かしかねないため、強固なセキュリティーが実装されていなければ、製品として世の中に出せません。いまやセキュリティーが確保されていることは、売れるための必須条件なのです。DX推進の柱の一つとして、企業とともに製品やサービスをつくる「攻め」のコンサルティングこそが、今後の重要なテーマになります。最近話題の「スマートシティー」も、全てのもの同士がインターネットでつながっているため、あらゆるところにサイバーリスクが潜んでいます。便利でより良い社会になる一方、サイバーリスクは加速度的に増加するでしょう。だからこそ、私たちが手掛けるビジネスの伸びしろは、非常に大きいと言えます。

市場ニーズの高い専門性を早期から身に付けられる

サイバーセキュリティーを手掛けるコンサルタントとして大切なのは、高い専門性を身に付けたいというマインドです。AIやIoTなど新しい技術は次々と生まれますが、やがて陳腐化し、別の新しい技術に置き換えられるかもしれません。一方で、それらの分野に横串で刺さっているのが、サイバーセキュリティーです。犯罪や不正とその対策はいたちごっこで、決してなくなりません。私たちが持つ専門性は、これからも常に市場から必要とされる「売れる」専門性と言えます。また、当社ではこうした専門性を早期から身に付けることが可能。サイバーセキュリティーには戦略やテクニカルなど複数の分野があり、究めたい分野に沿ったプロジェクトや研修にアサインします。新人研修の段階から希少価値の高い知識を習得し、すぐにプロジェクトの最前線で業務に携われるのは、若手にとって非常にぜいたくな環境だと思います。

サイバーセキュリティーの専門家はニーズが非常に高い一方で、まだまだ希少な存在です。コンサルタントとして活躍した後は、事業会社の経営管理部門で活躍する人も多く、市場価値を高め、将来の幅を広げたい方のファーストキャリアとして、当社は最適な環境となるはずです。