コンサルティング・シンクタンクの企業一覧

企業の検索条件を変更する
19件中 1 〜19件を表示
ボストン コンサルティング グループ(BCG)
ボストン コンサルティング グループ(BCG)
コンサルティング・シンクタンク
BCGは、1963年に戦略コンサルティングのパイオニアとして創設されました。世界90拠点以上のネットワークで、ビジネスや社会のリーダーとともに戦略課題の解決や成長機会の実現に取り組んでいます。 日本では戦略ファームNo.1の地位を築き、各産業を代表する企業と共に変革を推進。支援領域は、変革の推進、組織力の向上、競争優位性構築、収益改善をはじめとしてクライアントのトランスフォーメーション全般に広がっています。“日本発”でコンテンツや技術を世界に展開するグローバル案件も多数あり、日本や世界の産業・経済に大きなインパクトをもたらしています。 BCGのグローバルで多様性に富むチームは、産業や経営トピックに関する深い専門知識と企業変革を促進する洞察を有します。これらに加え、テクノロジー、デジタルベンチャー、パーパスなどの各領域の専門組織も活用し、クライアントの経営課題に対しソリューションを提供します。 BCGでは、プロフェッショナルとしてのキャリアを持続しながら、個人の充足感も高められるように、フレキシブルな働き方ができるよう様々な取り組みを続けています。結果、BCGは数多くの外部の独立した調査機関から、優れた企業としての賞を受賞しています。 米Vault社「最も働きたいコンサルティングファーム2018」(アジア太平洋領域)ではNo.1に選出されました。
クニエ
クニエ
コンサルティング・シンクタンク
---------------------------------------------------------------- Quality Unites Enthusiasms ~「品質」と「熱意」の「融合」 ----------------------------------------------------------------- お客様の「変革のパートナー」として、先進的で高品質なコンサルティングを介して、経営変革への想いとご熱意に応え、解決へとリードする―― 私たちはそのような存在を目指しています。 革新へ挑戦されるお客様と同じベクトルで、戦略構想から改革の実現まで責任をもって、最高品質のコンサルティングサービスを提供します。 ---------------------------------------------------------------- Backbone ---------------------------------------------------------------- □■□日本発のコンサルティングファーム□■□ 日本企業の成長をサポートし、日本の経済的発展に貢献したい。それが私たちの志です。QUNIEのバックボーンの柱はNTTグループ。長期にわたって国のインフラと国民の暮らしを支えてきた気概は、今も私たちの価値観に深く刻まれています。 □■□世界有数のグローバルファームの知を継承□■□ もうひとつの出自は、世界4大会計事務所のひとつ、米国のアーンスト・アンド・ヤングが設立したコンサルティングファーム。グローバルファームで培った経験と知見が、複雑化する企業課題の解決に対して最適解をご提案し、改革実現の最後まで真摯に応える、確固たる基盤となっています。 ---------------------------------------------------------------- 独自のコンサルティングスタイル ---------------------------------------------------------------- 欧米型コンサルティング手法の卓越したノウハウと、日本型経営の知恵と経験を融合することで、独自のコンサルティングスタイルを構築しています。 いわば和魂洋才とも言えるこのスタイルにより、お客様課題を企業価値向上の視点から統合的に捉え、現場への定着化に至るまで、お客様と一体となって企業変革を実現していきます。 ---------------------------------------------------------------- 世界の企業に貢献 ---------------------------------------------------------------- 日本に貢献したいという思いと同様に、海外のお客様に日本のコンサルティングを提供し、また、新興国のコンサルティングビジネスの成長に寄与していくことは、和魂洋才のDNAを持つQUNIEだからこそ実現できることであり、その使命感が私たちの原動力にもなっています。 ---------------------------------------------------------------- 人材力 ---------------------------------------------------------------- QUNIE のコンサルタントの多くは、外資系コンサルティングファーム出身者や事業会社出身者です。 つまり、お客様の業務を実務レベルで深く理解し、かつコンサルティングの実績も豊富なメンバーで構成されているということです。 蓄積した知見とノウハウをお客様の課題の最適解への礎とし、高品質で改革力の高いソリューションをご提供します。 ---------------------------------------------------------------- グローバルネットワーク ---------------------------------------------------------------- NTTデータグループの42カ国46,500人余りのグローバルネットワークで、お客様の海外での事業展開を強力にバックアップします。 またNTTデータグループのコンサルティング部門間の連携も生かし、日本・欧米・中国・アジアの4極において広範なコンサルティングサービスをサポートします。
アクセンチュア
アクセンチュア
コンサルティング・シンクタンク,ソフトウェア・情報処理
アクセンチュアは世界最大級の組織力を生かした総合的なコンサルティング/ITサービスを提供しています。様々な業界、業務領域、テクノロジーに関する専門知識を発揮してお客様のビジネスの変革や成果の創出を支援。世界各地の200以上の都市で働くおよそ50万9,000人の社員が日々イノベーションを創出し、120以上の国と地域のお客様にサービスを提供しています。 アクセンチュアのお客様である大手企業や公的機関が現在直面している課題として、グローバル化とデジタル化が挙げられます。グローバル化については、海外市場へ進出しビジネスを展開するといった外向きのグローバル化だけでなく、外国人観光客の受け入れ態勢の強化などの内なるグローバル化も求められています。また、ソーシャルメディアやアナリティクス、モビリティに代表されるデジタル・テクノロジーの急速な進歩と普及を受けて、デジタル化は企業のビジネスモデルだけでなく、これまでの社会や経済システムも大きく変えようとしています。経営に影響を与えるこれらの要因は年々複雑化し、刻々と変化するため、お客様の要望により迅速に対応することが求められています。 アクセンチュアが圧倒的なスピードで戦略・プランの策定から業務・システムのデザイン、システムの導入・運用、業務の運営までを実現できるのは、変革に必要な上記の包括的な機能が、社内に内包されているからにほかなりません。 世界中で積み重ねてきた、さまざまな業界における事例や知見等の情報資産を、世界中のスタッフが簡単にアクセスし、最大限に活用できるよう、世界共通の体制と仕組みで管理しています。アクセンチュアのプロフェッショナルはこれらのツールやナレッジを活用し、お客様の成果実現に貢献しています。
PwCあらた有限責任監査法人
PwCあらた有限責任監査法人
コンサルティング・シンクタンク
PwCは、世界157カ国721拠点に276,000人以上のスタッフを有しています。 私たちはこのネットワークから世界の最新情報や潮流を把握し、また海外拠点と協力しながら、クライアントを支援しています。 私たちPwCは、「社会に信頼を構築し、重要な課題を解決する」ことを自らのPurpose(存在意義)として定めています。これは、世界情勢やビジネス環境が大きく変化し続ける中、複雑な課題に対してPwCが重要な決定を下すにあたってよりどころとしているものであり、また世界各国のPwCと連携をするうえでも重要な役割を果たしています。 PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立して事業を行い、相互に連携をとりながら、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、法務のサービスをクライアントに提供しています。
アビームコンサルティング
アビームコンサルティング
コンサルティング・シンクタンク
□■ ----------------------------------------------------------- □■   《日本発、アジア発のグローバルコンサルティングファーム》 ~ 日本発の面白さがあるアビームでチャレンジしませんか? ~ □■ ----------------------------------------------------------- □■  アビームコンサルティングは日本に本社を置く、日本発、アジア発のグローバルコンサルティングファームです。経済成長著しいアジアを中心として、世界36カ国76拠点に広がるグローバルネットワークを有しています。 商社、金融、製造・流通、エネルギー、情報通信、公共など幅広い業界のリーディングカンパニーに対してグローバル展開支援を強みとしてコンサルティングサービスを提供しています。 戦略を描くだけでなく、業務改革、IT導入など、ゴールの実現まで責任を持ってやり遂げることや、欧米流のグローバルスタンダードを単に当てはめるのではなく、現地の価値観(文化や慣習)を重視したコンサルティングスタイルをとることが特徴です。日本本社のコンサルタントが世界各地に飛び、現地のコンサルタントとチームを組んで、プロジェクトをリードしながら、グローバルな舞台で企業変革を実現しています。
デロイト トーマツ コンサルティング
デロイト トーマツ コンサルティング
コンサルティング・シンクタンク
デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)はデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。3,100名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。 また、DTCはクライアントの持続的で確実な成長を支援するコンサルティングサービスはもちろん、社会課題の解決と新産業創造でクライアントと社会全体を支援してます。
KPMGコンサルティング
KPMGコンサルティング
コンサルティング・シンクタンク
KPMGコンサルティングでは、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジートランスフォーメーション、リスク&コンプライアンスの3分野に豊富な経験とスキルを有するプロフェッショナルが、10年後も社会的に価値の高いエクセレントカンパニーを支援していきます。 迫りくるデジタル革命をビジネス革命につなげる世界基準のテクノロジー。 グローバルプレーヤーもアジアも知り尽くした独創的なビジネストランスフォーメーション。 その根底には、会計・財務・税務で培ってきたKPMGならではのコンサルティング力があります。 目の前のチャンスだけではなく、その先に予測されるリスクまでを見極め、将来の企業価値を高めていく。企業の終わることのない挑戦を、KPMGは支援していきます。
山田コンサルティンググループ株式会社
山田コンサルティンググループ株式会社
コンサルティング・シンクタンク
我々は日本で他に先駆けて、事業再生に取り組んだ経営コンサルティング会社です。現在は事業再生をコアとしながらも、「M&A」、「事業承継」、「医療」、「メーカーの現場改善」、「海外進出」等、新しい領域にチャレンジしている成長集団です。
A.T. カーニー
A.T. カーニー
コンサルティング・シンクタンク
A.T. カーニーは1926年に米国シカゴで創立された世界有数の経営コンサルティング会社です。 高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業を最大の強みとし、現在では、全世界40カ国、約60の拠点に3,600名以上のスタッフとグローバルネットワークを擁しています。あらゆる主要産業分野のグローバル1,000社や各国の大手企業や政府系機関等を中心顧客とし、戦略からオペレーション、ITにいたるまで一貫した高品質のサービスを提供しています。 日本国内においても金融、通信、ハイテク、自動車、消費財・小売をはじめとする幅広い分野において、顧客への貢献という強い決意のもと活発な活動を行っています。
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
コンサルティング・シンクタンク,ソフトウェア・情報処理
"Be essential. お客様や社会から最も必要とされる存在となるために、IBMは困難な課題の解決にテクノロジーで貢献しています。 100年以上にわたり、小売から金融、スポーツ、宇宙産業にいたるまで、さまざまな領域で世界を変えるイノベーションを次々に起こしてきたIBMは、Forbes社『世界で最も価値あるブランド』ランキングで常にトップ50入りを果たすほか、27年連続で米国特許取得数1位を獲得、さらに創立以来6名のノーベル賞受賞者を輩出するなど、確かな実績に裏付けられた世界有数のリーディング・カンパニーとしてIT業界を牽引しています。 そのようなIBMのイノベーションの原動力は多様性です。ダイバーシティー推進を経営戦略の軸の一つと捉え、年齢や人種、思想、性的指向、障害の有無などに関わらず自らキャリアを築いていける環境を整えています。 世界中で蓄積した技術やノウハウを結集し、企業変革を支援するだけでなく、さまざまな社会課題に立ち向かうことでより良い世界をつくることがIBMのミッションです。常識を覆すテクノロジーとビジネスの新たな時代を、私たちIBMerと一緒に切り拓いていきませんか?"
EYストラテジー・アンド・コンサルティング
EYストラテジー・アンド・コンサルティング
コンサルティング・シンクタンク
世界のビジネスをリードするコンサルティングファーム EYは、コンサルティング、ストラテジーアンドトランザクション、アシュアランス、および税務の分野における世界的なリーダーです。世界150カ国以上に拠点を持ち、世界有数の企業・組織が抱える課題の解決支援に、27万人を超える構成員全員が同じビジョンを共有し、品質に対する徹底した責任を果たし携わっています。私たちはこれまであらゆる業界、そして国際社会に対し極めて重要な役割を果たしてきました。
SAPジャパン
SAPジャパン
コンサルティング・シンクタンク,ソフトウェア・情報処理
SAPは、人材・情報・資金・設備といった経営資源を包括的に管理・分析する「ERP(基幹業務統合システム)」の導入などを通じ、顧客の経営・業務変革を支援している企業。ドイツに本社を置き、世界130カ国以上に支社を展開しています。SAPジャパンは、SAPの日本法人として1992年に設立。クラウド、モバイル、インメモリー(大容量のプログラムやデータを、ハードディスクではなくメモリー上に置いて利用すること)などの先端技術をフル活用し、国内企業の支援を行っています。
パーソルホールディングス
パーソルホールディングス
コンサルティング・シンクタンク,インターネット関連,人材
パーソルグループの経営支援やグループ一体経営の推進を行う組織です。 多様なプロフェッショナルとしてのご経験、キャリアを活かせるフィールドがあります。 グループブランド「はたらいて、笑おう。」の世界観を、ホールディングスの管理部門から支え、牽引していく方を求めています。
ローランド・ベルガー
ローランド・ベルガー
コンサルティング・シンクタンク
ローランド・ベルガーは、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、ヨーロッパを代表する経営戦略コンサルティングファームです。1967年の設立以来、自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして、金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業を代表とするグローバル企業を対象に、トップマネジメントが直面する問題の抜本的解決に多くの実績を積み重ね、高い評価を受けてきました。 現在では、日米欧をはじめ、アジア、南米、北アフリカ、中東など世界34カ国に広がる50オフィスと2,400人を超えるスタッフからなるインテリジェンスネットワークのもと、国境を越えたグローバルな視点でのコンサルティングサービスを提供しています。 1991年に発足した日本法人は、日本国内における本格的なサービスに加え、ダイナミックに展開するグローバル市場へのアクセスポイントとして、また、日本の市場・産業・企業情報の発信地として世界各国のオフィスと緊密な連携を取りながらコンサルティングサービスを行っています。内外民間企業に加え、政府機関など多くのクライアントとの信頼関係に支えられた長期的な「リレーションシップ・コンサルティング」を実践し、着実に成果と実績を積み重ねています。
三井住友信託銀行
三井住友信託銀行
コンサルティング・シンクタンク,銀行,証券,不動産
三井住友信託銀行は、本邦最大かつ最高のステイタスを誇る信託銀行、そして唯一の自主独立の専業信託銀行です。信託・銀行機能の融合による総合力や多彩かつ高度な信託機能を生かし、お客さまに最大・最良の価値をご提供する「ベストパートナー」を目指しています。 また、人材育成No.1金融グループとして、多様な社員が“自分らしく”そして“夢と誇りとやりがいを持って”働く職場を目指し、多彩な育成メニューにより社員一人ひとりの成長を後押ししています。
日本能率協会コンサルティング
日本能率協会コンサルティング
コンサルティング・シンクタンク
昭和17年、日本能率連合会と日本工業協会を母体に、日本能率協会(JMA)が設立されました。以来、コンサルティングを基幹業務とし、先進国アメリカやドイツに学びながら、日本という土壌に根ざした経営管理技術を模索してきました。 常に発展する産業界の最前線で、その時代に即した、そして次の時代を見据えた経営管理技術を開拓していく、パイオニアであり続けたのです。その伝統は、昭和55年に設立された日本能率協会コンサルティング(JMAC)にも正しく受け継がれました。こうしてJMA及びJMACは、一貫した姿勢で日本産業界の高度成長期を牽引し、支えてまいりました。
インテージ
インテージ
コンサルティング・シンクタンク,その他
インテージは、マーケティングリサーチ国内No.1、世界No.10※であるインテージグループを支える中核事業会社です。国内マーケティングリサーチのパイオニアとして、50年以上に渡って培ってきた類を見ない豊富な調査方法により、生活者のニーズを的確に捉え、メーカー・サービス・流通小売・広告といった幅広い業界における企業のマーケティング活動を全方位でサポートしています。 ※2018Global Research Business Network調べ
日鉄ソリューションズ
日鉄ソリューションズ
コンサルティング・シンクタンク,ソフトウェア・情報処理
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆最先端のITを駆使して企業の経営課題と向き合います◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日鉄ソリューションズ(NSSOL)は、製造、流通、金融、社会公共、通信といった幅広いフィールドで、ITソリューションを提供するシステムインテグレータです。マーケティングや経営情報の分析、生産管理といった知的業務に高度なIT力を適用し、お客様の経営課題を解決しています。常にビジネスの最前線に立ちながら、新たなビジネスを創り出していくことで社会に貢献しています。 NSSOLの強み①:高度人材の育成 ビジネス環境が複雑・高度化し、ITの重要性がより高まる今、お客様が抱える課題の本質を見極め、ビジネス価値向上に貢献できる「高度人材」が求められています。当社は、高度な技術力を前提に、お客様の業界・業務に関する深い知見に基づいて課題を発見するとともに、解決に最適な技術・製品・サービスを選択し、お客様のビジネス上の意義を踏まえたソリューションを提案・実現できる「高度人材」を育成しています。これにより、さらに複雑化していくITと向き合い、社会のニーズに応えながら「情報技術社会」の実現に貢献していきます。 NSSOLの強み②:徹底した「お客様目線」 当社は、「本質を見抜く力」と「徹底したお客様目線」によって、顧客の課題解決へと適切にアプローチする提案力を強みとしています。また、非常に幅広いフィールドにお客様を持っており、ビジネスの最前線に立ちながら経営課題の解決や新たなビジネスモデルの創出に取り組んでいます。さらに、海外拠点としてアメリカ・中国・シンガポール・タイ・イギリス・インドネシアに現地法人を開設しており、グローバルの舞台でもお客様の成長を支えています。今後も、お客様の目線に立って課題の抽出や新規ビジネスの創出を行い、企業だけではなく、社会全体の成長に寄り添っていきます。 NSSOLの強み③:確かな実績に裏付けされた「技術力」 私達は世界第4位の鉄鋼メーカー日本製鉄を母体とし、複雑で高い精度が要求される、かつ止まる事が許されない製鉄システムを支えてきました。そこで培った技術力を駆使し、現在では、製鉄業にとどまらず製造・流通・金融・社会公共・通信といった幅広いフィールドにおいて、日本を牽引する約1,500社の企業経営を支えるシステムを構築しています。当社は独立した研究組織を持つ数少ない企業であり、最先端の実証・検証を行う環境が整っています。その結果、当社の高い技術力は多くのお客様からご評価いただいています。私たちはトップ・システムインテグレータとして、業界をリードするとともに、お客様の成長に貢献することにより、ともに大きく成長していきます。
プロジェクトカンパニー
プロジェクトカンパニー
コンサルティング・シンクタンク,インターネット関連,広告
ーーーーーー 世の中を動かすビッグビジネスを支える、少数精鋭のコンサルタント集団。 事業開発に特化したコンサルティングで、クライアントの成果を追求・実現する ーーーーー 東大出身の若手経営陣による、これからの日本社会をつくるコンサルティングファームです。 2016年に設立後、右肩上がりに売上を伸ばし、事業を拡大しています。 コンサルティング事業、マーケティング事業に加えて自社サービス"UIscope"を活用したUXコンサルティング事業も展開。 受注する案件の量も年々増加しており、今後は自社サービスの提供やベンチャー投資など事業をさらに広げていきます。売上は設立2年目で初年度から300%以上、翌年も約300%と非常に早いスピード感で成長している企業です。 テクノロジーの発展により、ビジネス環境が大きく変わり続ける今、日本を支える大手企業も、生き残りをかけて新たな事業の開発を模索し続ける時代になっています。そんなクライアントに対し、私たちは事業開発のコンサルタントとしてコミットし、クライアントとともに伴走するコンサルティングスタイルで、信頼を積み重ねてきました。 組織・事業の開発を主戦場とする「コンサルティング事業」、プロダクト開発・改善を主戦場とする「UI scope事業」、販促・顧客獲得を主戦場とする「マーケティング部門」が一丸となってクライアントビジネスの成長を実現します。 創業時からビジョンに掲げているのは、「プロジェクト型社会の創出」。 プロジェクト型とは、ミッションのもとに個性と専門性を持ったメンバーが集い、課題を解決する在り方です。対するのは、既存のやり方や既存の業務を、受動的にうけ、タスクをこなす「タスク型」です。 2021年の上場を目指すプロジェクトカンパニーでは、将来、ベンチャー投資・事業開発といったビジネスを主体となって行うことを視野にプロジェクト型人材の創出・育成を行います。 テクノロジーの台頭や、価値観の変化などの社会をしっかりと捉え、これからの日本を支えるべく、ともに「プロジェクト型」で働ける方を心よりお待ちしています。