企業一覧

企業の検索条件を変更する
6件中 1 〜6件を表示
LINE

LINE

私たちのミッションは、世界中の人と人、 人と情報・サービスとの距離を縮めることです。 LINEは、2011年3月11日に日本で発生した震災をきっかけに、 モバイルメッセンジャーとして生まれました。 家族や友人・恋人など、身近な大切な人との関係性を深め、 絆を強くするコミュニケーション手段こそが日本のみならず、 世界中で求められていると考え、2011年6月にサービスを開始しました。 いまや、LINEは日本を始め、力強い成長を続けるアジア地域を中心に、 世界で数億人に利用されるモバイルメッセンジャーへと成長を続けています。 今後LINEは、モバイル上のユーザーニーズを統合的に解決していく、スマートポータルへと進化していきます。 ゲーム・マンガ・カメラなどを中心とした「コンテンツ・プラットフォーム」と、決済・求人・O2O などの生活関連サービスに注力した「ライフ・プラットフォーム」の2 軸で展開される取り組みをさらに拡充させ、より多くのユーザーの生活が豊かになるような取り組みを積極的に行っていきます。 そして人や情報/コンテンツ、オンライン/オフラインサービスなどあらゆるものとユーザーがいつでも、どこでも、最適な距離でシームレスに繋がっていく、LINEを入り口として生活の全てが完結する世界の実現を目指していきます。 LINEは、あなたと世界をつなぎ、毎日を共に過ごしてくれる、 そんな、家族や友人のような存在になりたいと思っています。

(株)博報堂/(株)博報堂DYメディアパートナーズ

(株)博報堂/(株)博報堂DYメディアパートナーズ

【博報堂】 「生活者発想」「パートナー主義」 博報堂は、クライアントの課題解決のために「統合マーケティング・ソリューション」を提供しています。「統合マーケティング・ソリューション」とは、テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどのマス・マーケティングと生活者一人ひとりに働きかけるリレーションシップマーケティングを有機的に組み合わせた、統合的なソリューションです。これにより、クライアントの「マーケティング活動全体の最適化」の実現を図っています。 さて、急激に進化し続けるデジタルの領域では、インターネット領域での広告を強化するとともに、「ビッグデータ」を統合してマーケティングに活用する動きも始めています。また、クライアントの海外進出が続くグロ―バルの領域では、中国・ASEAN地域を最重要エリアとし、拠点を拡充し、現地でのクライアント支援体制を強化しています。さらに、広告会社の根本である、クリエイティブの領域においては、アジア・パシフィックで唯一、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルで、二度グランプリを獲得しており、その後も、国内のみならず、国際的にも高い評価を受け続けています。 【博報堂DYメディアパートナーズ】 「メディア効果」をデザインする会社。 メディア価値を創造し、コミュニケーション効果を生み出す。 デジタル化の大きな波は、テレビ・ラジオなどの放送を革新し、インターネット、モバイルなど多種多様なメディアを生み出すにとどまらず、新聞・雑誌などの既存媒体にもIT活用によるインタラクティブ化を促しています。また、コミュニケーション環境の変化に伴い、生活者のメディア接触行動も多様化し、かつ、より能動的になる兆しがあります。大量の情報が飛び交う中で、スポーツ、エンタテインメントなどのさまざまなコンテンツを番組やイベントで楽しむだけでなく、ブロードバンドによるストリーミングやダウンロード、あるいはインタラクティブ機能を活かして参加するなど、新しい形で楽しむ生活者も増えています。 博報堂DYメディアパートナーズは、そのような変化の中にあって、生活者発想を活かし、媒体社やコンテンツホルダーのパートナーとしてコミュニケーションの価値向上に取り組み、また、グループの広告会社と連携して広告主の課題に対応することで、コミュニケーションの市場を創り続けます。

プロジェクトカンパニー

プロジェクトカンパニー

ーーーーーー 世の中を動かすビッグビジネスを支える、少数精鋭のコンサルタント集団。 事業開発に特化したコンサルティングで、クライアントの成果を追求・実現する ーーーーー 東大出身の若手経営陣による、これからの日本社会をつくるコンサルティングファームです。 2016年に設立後、右肩上がりに売上を伸ばし、事業を拡大しています。 コンサルティング事業、マーケティング事業に加えて自社サービス"UIscope"を活用したUXコンサルティング事業も展開。 受注する案件の量も年々増加しており、今後は自社サービスの提供やベンチャー投資など事業をさらに広げていきます。売上は設立2年目で初年度から300%以上、翌年も約300%と非常に早いスピード感で成長している企業です。 テクノロジーの発展により、ビジネス環境が大きく変わり続ける今、日本を支える大手企業も、生き残りをかけて新たな事業の開発を模索し続ける時代になっています。そんなクライアントに対し、私たちは事業開発のコンサルタントとしてコミットし、クライアントとともに伴走するコンサルティングスタイルで、信頼を積み重ねてきました。 組織・事業の開発を主戦場とする「コンサルティング事業」、プロダクト開発・改善を主戦場とする「UI scope事業」、販促・顧客獲得を主戦場とする「マーケティング部門」が一丸となってクライアントビジネスの成長を実現します。 創業時からビジョンに掲げているのは、「プロジェクト型社会の創出」。 プロジェクト型とは、ミッションのもとに個性と専門性を持ったメンバーが集い、課題を解決する在り方です。対するのは、既存のやり方や既存の業務を、受動的にうけ、タスクをこなす「タスク型」です。 2021年の上場を目指すプロジェクトカンパニーでは、将来、ベンチャー投資・事業開発といったビジネスを主体となって行うことを視野にプロジェクト型人材の創出・育成を行います。 テクノロジーの台頭や、価値観の変化などの社会をしっかりと捉え、これからの日本を支えるべく、ともに「プロジェクト型」で働ける方を心よりお待ちしています。

6件中 1 〜6件を表示