フォローを解除しました

日清食品

フォローすると最新情報が届きます(フォロー済みの場合は、フォローを解除できます)

会社概要

基本情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
挑戦と創造のみが、おいしさの未来を超えられる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日清食品グループは、チキンラーメン、カップヌードルなど即席麺カテゴリーを中核に、低温、菓子、飲料にわたる各カテゴリーにおいて、常にNO.1ブランドを創造・育成しながら、新しい食文化を世の中にもたらす食のリーディングカンパニーとして成長を追求してきました。

私たちは、社会に新たな変化をもたらすため、地球環境に配慮しながら、食を通じて人々がより豊かな人生を享受できるような“新規事業の探索”と“既存事業の深掘り”の2軸を追求する『両利きの経営』を一層推進していきます。
更に組織、風土、制度、業務プロセス、働き方など、これまでのビジネスのあり方を大胆に変革することで、「新規」と「既存」の両立を目指していきます。

今では、年間総需要が1,000億食超の食文化に成長しているインスタントラーメン。世界初の即席めん「チキンラーメン」に始まり、世界初のカップめん「カップヌードル」、世界初の宇宙食ラーメン「スペースラム」など多くの世界初を創造し、食文化を形成してきました。グループ理念「EARTH FOOD CREATOR」のもと、様々な食の可能性を追求し、夢のあるおいしさ、食・食文化を創り出します。
また「食こそ原点、食の仕事は聖職である」ということを創業者・安藤百福は言いました。お腹一杯や美味しいことは人類普遍の価値であり、どこの世界でも通用すると信じています。そのため食のビジネスは今後の人口の増加に伴い成長を続けていくと考えています。

その中でメイン商材である即席めんは、乾燥させているため「保存性」に優れ、製造設備も簡素なもので「安価」な製造が可能です。更に「おいしさ」「安全性」「簡便性」という価値ももっており、新興国を中心に需要は更に高まると考えています。今後日本国内では少子高齢化に伴い爆発的な成長は難しいと考えますが、世界市場の成長を視野に入れて更に需要拡大を目指します。
メッセージ
学生の皆さんには2つの資質を求めています。

◆HUNGRY(ハングリー)
事業の拡大や会社の持続的な成長には、社員一人ひとりの成長と能力の結集が不可欠であり、そのためには現状に甘んじることなく、自らの成長のため貪欲に学び続ける姿勢が求められます。当社は、自らの能力を開花させるため、人一倍努力する人を求めています。

◆UNIQUE(ユニーク)
日清食品の創業者・安藤百福が残した言葉“仕事を戯れ化せよ”。どんなに困難な仕事であっても、何かひと工夫を加えたり、周りと協力し合うことで、自分らしく仕事を楽しむマインドを大切にしています。仕事を楽しむことが、自分自身をより成長させるだけでなく、世の中を楽しくできる、より良い製品やサービスの提供のためのクリエイティブな発想を生み出す好循環につながると考えます。

成長に貪欲であらゆる努力を惜しまないハングリーさ、どんな状況でも前を向き、自分らしい答えを出せるユニークさ、そんな皆さんの心の中に、フツフツと沸き上がる“HUNGRY&UNIQUE”に出会えることを楽しみにしています。

企業情報

設立年月日
1948年9月4日
資本金
251億2200万円
売上高
5,061億円 (連結・2021年3月期通期)
代表者
代表取締役社長・CEO 安藤 宏基
代表取締役副社長・COO 安藤 徳隆
従業員数
14,467名 (連結)
所在地
【東京本社】
〒160-8524 東京都新宿区新宿6-28-1

【大阪本社】
〒532-8524 大阪市淀川区西中島4-1-1
事業内容
1.即席麺の製造および販売
2.チルド食品の製造および販売
3.冷凍食品の製造および販売
4.菓子、シリアル食品の製造および販売
5.乳製品、清涼飲料、チルドデザート等の製造および販売
制度
◆週休2日制(土、日)、祝日など2019年度休日数123日、年次有給休暇(最高20日)
◆新入社員研修・2、3年次研修・管理職研修(サバイバル研修他)・選抜型研修、自由選択型通信教育、公的資格・免許取得援助制度等
『ニッシン・キャリア・ディベロップメント・プログラム(NCDP)』
 日清食品に入社後の10年間の継続的な育成制度です。
 最初の10年間で、様々な能力開発機会を通して、それぞれの分野でのプロ人材に育成することが目的です。
◆健康・厚生年金、労災、雇用、団体生命、企業年金基金、共済会、従業員持株、財形貯蓄、住宅資金融資、独身寮(東京、滋賀)、借上住宅等あり

関連リンク