日本証券金融(日証金)

フォローすると最新情報が届きます(フォロー済みの場合は、フォローを解除できます)

会社概要

基本情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 マーケット・インフラとして日本経済を支える会社 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業の成長資金の調達や国民の財産運用の場である証券市場。万一、この証券市場が円滑に機能しなければ、金融業界全体の停滞と混乱を招き、日本経済は大きなダメージを受けることになるでしょう。
マーケット・インフラとして証券会社と機関投資家などの投資家を仲介し、証券市場の安定性と信頼性を支えているのが、わたしたち日本証券金融(愛称:日証金)です。
証券会社や投資家など証券市場のプレーヤーが必要とする資金や有価証券を融通して、健全な市場形成と市場の発展に貢献する、それが日証金の使命です。
メッセージ
就職活動をしているみなさんはまだ日証金のことをよく知らないと思います。もちろん私たちもみなさんにお会いするまではどんな方なのかわかりません。このように、就職・採用活動は就職する側も採用する側もお互いにゼロからのスタートです。

だから、私たちはあなたという「人」を知るため「誠実」に向き合います。そのために最大限に努力し、持てる力の全てを注ぎます。誠実さの一つとして、日証金に興味を持って会社説明会に来ていただいた学生の皆さん全員と1対1で面接します。能力検査や集団面接では、あなたという人を深く知ることはできません。何度も1対1の面接を重ね、長い時間をかけて丁寧に話すことで、私たちは少しずつあなたという「人」について理解を深めていきます。それは同時に、あなたに日証金という会社の風土に触れ、そこで働く喜びや楽しさを肌で感じてもらうためのプロセスでもあります。

私たちが面接を通じて見るのは「人」です。知識やスキルではありません。たとえあなたが金融や経済について深く知らないまま入社しても、当社には業務の中で先輩から学び、研修によりレベルアップできる環境が整っています。規模の小さな会社だからこそ若い年次からジョブローテーションにより金融マーケットに近い部署で仕事をする機会もあります。一人ひとりの個性を尊重しながら組織全体できめ細かくサポートし、金融のプロフェッショナルとしての成長を促していきます。

さらに、高度な知識や本格的なビジネス英語習得の意欲がある社員には、大学院や英会話学校、資格学校へ通学する制度も用意しています。大手の会社でも同じような制度はあるかもしれませんが、何千、何万という社員数の中で実際に制度の恩恵を受けられるのはごく一握りではないでしょうか。当社は社員数約250名の金融機関だからこそ、こうした制度を利用して自己成長できる機会が格段に多いのです。

入社時は金融に関する知識は要りません。目的意識と向上心を抱いて当社にチャレンジしてください。いま、日証金は金融市場の変化とともに創業以来の大きな転換期を迎えています。どの部署にもあなたの意欲に応え、成長と挑戦を実現するフィールドが必ずあります。

「SHIFT THE ALL」という採用メッセージは、あなた自身と日証金が共により高い段階へと成長していきたいという我々の願いです。仕事も生活も全てを次のステージへ。それを実現できる若い力に出会える日を楽しみにしています。

企業情報

設立年月日
1927年7月8日
資本金
100億円
売上高
253億8,300万円(2020年3月期)
代表者
代表執行役社長 櫛田 誠希
従業員数
244名(2020年3月末現在)
所在地
【本社】
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-10
【大阪支社】
〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋2-4-10 大広今橋ビル3階
事業内容
金融商品取引法に基づく証券金融業
制度
<勤務時間>
通常9:00~17:20(実働7時間20分)
短時間勤務制度あり
<休日休暇>
土・日(完全週休2日制)、祝祭日、12月31日~1月3日
年次・積立有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、産前産後休暇、看護休暇、育児休業、介護休業など
<福利厚生>
社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・保険)、住宅資金貸付、共済制度、確定給付年金、確定拠出年金、遺族年金、財形貯蓄、持株会、永年勤続表彰制度、退職金制度など
【施設】独身寮(日本橋)、保養寮(箱根)
<研修制度>
新入社員研修(春・秋)、階層別研修、テーマ別研修、通信教育、英会話学校派遣、早稲田大学大学院派遣、一橋大学大学院派遣、資格専門学校派遣、金融工学専門学校派遣、パソコンスクール派遣、海外派遣など
【通信教育】証券アナリスト資格他
<資格取得支援制度)
証券外務員、証券アナリスト、税理士、司法書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、中小企業診断士、日商簿記検定1級、応用情報技術者試験、情報処理技術者試験のうち高度(プロフェッショナル)試験各種、英検1級またはTOEICスコア900点以上

関連リンク