2019/3/19 更新 先輩内定者が語る!就活体験談

国内大手ICTベンダー内定者・柴田りか子さん(中央大学)の就活|3年生夏の過ごし方

  • IT
  • メーカー
  • 体験談
  • 内定者
  • 広告

興味のある業界や「仕事」に具体的なイメージを持つことができなかった柴田さん。 就活に対して焦りや不安がありながら夏を過ごしていたそうです。今回は3年生の夏頃を中心に当時思っていたことや、行動していたことについて語って頂きました。

19卒内定者の紹介
柴田 りか子さん(Rikako Shibata)中央大学法学部在籍。2019年3月卒業予定。
IT、総合電気メーカー、デジタル広告を中心に選考を受け、最終的に国内大手ICTベンダーで内定承諾。

3年、何を考えていたか
焦り
就活に対して焦りを感じていたものの
興味のある業界が何なのかもわからなかった。
不安だったので
何か行動していないと不安だったのでとりあえず
様々な業界のインターンに応募しようとした。
仕組み
それぞれの業界ごとの仕組みや特徴も
わからなかった。
比較的早くから就活を意識していた柴田さん。
しかし、就活はわからないことだらけで焦りと不安で一杯だったそうです。

3年夏以降どんな行動をしたか
ノート
自分が興味を持てる業界が分からなかったので
自己分析をノート2冊分行った。
落ちた
ベンチャーから大手までインターンに応募するも
ほぼ落ちた。
話を聞いた
一ヶ月に2冊ペースでビジネス書を読みつつ
両親や先輩から仕事の話を聞いた。

悩んだ柴田さんの取った行動は、とりあえず動くこと!
思いついたことはすぐ実行に移すことで、悩んで立ち止まる時間を減らそうとしました。
就活を終えた今、柴田さんにとってこの時期の行動は正解だったのでしょうか?

いま振り返って思うこと
長所・短所
自己分析は大切。興味がある業界を探す以外にも
自分の長所・短所をよく知ることができた。

行動
早くから行動したことで挫折を経験。
改善点の発見につながった。

本質
情報を得ることは楽しい!
先入観は捨てて色々なことに手を出すことで視野が広がった。

次回は3年生冬・4年春頃の思考や行動についてレポートします。柴田さんの行動に注目です!


3年冬・4年夏編へ続く

  • type就活
    公式アプリはこちら
  • Google Play で手に入れようAppStoreで入手

行きたいイベントやセミナーに
簡単にエントリー

type就活エージェントを利用する
  • type就活とは
  • よくあるご質問

就活関連サービス

  • type就活エージェント
  • 東京就活キャンプ

お知らせ