2017/12/14 更新 挑戦者たちの人生論

【岩瀬大輔氏の人生論】自分にしかできない挑戦で成果を出し、社会に足跡を残す

  • ライフネット生命保険
  • 就職
  • 岩瀬大輔
  • 経営層

挑戦者たちの人生論~仕事がくれた、彩り豊かな景色の数々~
目まぐるしく社会環境が変わっていく中、固定観念や常識に縛られ、安定を追い求めていては、これからの時代を生き抜くことなど到底できない。常に新たな挑戦を続ける者だけが、しなやかに力強く、自分らしい人生を手にすることができるのだ。トップビジネスパーソンたちの挑戦の歴史を振り返りながら、真に豊かな人生とは何かを考えてみたい。

ライフネット生命保険株式会社
代表取締役社長
岩瀬大輔氏

いわせ・だいすけ/1976年生まれ。98年、東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で修了。2006年、副社長としてライフネット生命保険を創業。2013年に代表取締役社長就任。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」選出。著書に『生命保険のカラクリ』(文藝春秋)、『入社1年目の教科書』(ダイヤモンド社)などがある

何が起きるか分からない 未来は見えないから面白い


ライフネット生命保険の開業から、もう10年が過ぎました。ところが今でも、周囲の人から「飽きないの?」「いつまでやるの?」と聞かれることがよくあります。そのたびにいつも不思議に思いますね。時に新規事業をけん引したり、海外の株主とガチガチの交渉に臨んだり、かと思えば若い社員たちと交流したり、経営者の仕事は多岐にわたり、全く飽きることなどありません。

何よりも、僕は人が好きなんです。仲間と一緒に何かを成し遂げたい。それも、多くの人の人生に影響を与えるような成果を出して、社会に足跡を残せたらと思っています。そして、どうせ大きなことに挑戦するなら、自分にしかできないことにチャレンジしたい、という気持ちも強くあります。振り返れば、僕はずっとこの3つを追い求めてきました。僕にとってライフネット生命は、まさにこの全てを満たす仕事なのです。

おそらく「飽きないの?」と聞いてくる人は、保険業界は規制に縛られていて不自由だというイメージを持っているのではないかと思います。でも、だからこそ自分たち次第で、いろいろな挑戦ができるのではないでしょうか。

もともとライフネット生命を開業した当初は、「ネットで生命保険を売る」というだけで、随分注目を集めたものです。まだ小さな会社ながら、それまでの常識を打ち破る商品やサービスを次々に打ち出して、世の中にさまざまな問題提起をしてきました。この10年の間、僕たちの存在が、業界に一石を投じ、改革を推し進めるきっかけになったと自負しています。でも10年も経てば、保険をネット販売するなど、それほど珍しいことでもなくなってきました。これからの10年、20年も、社会にインパクトを与える存在であり続けるために、まさに今、新しい挑戦に打って出たところです。

本当に必要なのは生活サポート 「保険の常識」を変えていく

実は先日、会社として初めて、がん保険を発売しました。もちろんがん保険自体は競合他社がすでに多くの商品を販売しています。その中で、自分たちならではの価値は何だろうと改めて考えたのが、「働きながらのがん治療をサポートすること」でした。その象徴が、生活支援サービスです。「体調が悪い時に通院するのが大変だ」「手術の影響で腕が上がらず、調理に時間がかかる」「副作用で容貌が変わってしまうのがつらい」など、当事者の話をよく聞くと、治療しながらの生活にはさまざまな困難が生じることが分かりました。子育て世代、つまり働く人々にとっては、ことさら切実な問題です。

そこで、家事代行やタクシーなど、各分野の企業と提携して、必要なサービスを受けられるようにしたのです。これまでの保険会社が「保険料をお預かりして保険金をお支払いする」だけだとしたら、僕らはプラスアルファの部分もカバーしていきたい。単なるお金のやりとりにとどまらず、お客さまの生活までサポートしていこうと考えています。なぜならお金は、生活するための手段に過ぎないのですから。

最近では「フィンテック」という言葉も話題ですが、テクノロジーを活用した新しい金融サービスという意味では、僕らはまさに「元祖フィンテック」。今、お客さまとスマートフォンで最も身近につながっている生命保険会社は、創業以来ネットでサービスを提供し続けてきた僕たちだと胸を張って言えます。

極論すれば、スマホを介してお客さまと僕たちは24時間つながれるわけです。従来の保険サービスは、保険金の支払い時という「点」でしかお客さまと接点を持たないケースがほとんどです。が、僕たちはそうしたお客さまとの関係性をガラリと変えられる可能性を持っている。有事の際もそうでない時も、常に「保険×情報・サービス」による生活サポートを提供できる存在へと進化していきたいと思っています。

たまたまタイミングが重なったのか、創業から10年を超えて、今いろいろなことが新たに動き出しています。最近は、久しぶりに“攻めている”実感がありますね(笑)。

社内的にも大きな変化を迎えました。一緒に会社を立ち上げた出口(治明氏)が2017年をもって会長職を退き、経営陣には30代の新取締役が2名加わりました。

15万人ものお客さまからの信頼と、従業員とその家族の生活、社会からの期待。背負っているものの重みを、改めてかみしめています。でも同じくらい「よし、やってやるぞ」という気持ちも湧き上がっています。

きっと今後も予想外の出来事がたくさん起こることでしょう。僕はそれにとてもワクワクしています。結末の分かっている小説を読んでもつまらない。明日何が起こるか、1年後どうなっているか分からない人生の方がずっと楽しいと感じています。


=関連リンク=
東大生のためのキャリアプランニングセミナー

type就活 2018年度向け

行きたいイベントやセミナーに
簡単にエントリー

type就活エージェントを利用する
  • type就活とは
  • よくあるご質問

就活関連サービス

  • type就活エージェント
  • 東京就活キャンプ

お知らせ

  • インターン募集
  • イベントレポート
  • 就活体験談
  • 就活コラム