2018/10/21 更新 就活コラム

就職活動の成功のカギ?それは「つらい出来事の受け止め方」にある!

  • インターン
  • コラム
  • トレンド
  • ニュース
  • 就職活動

毎日、生活をしていると色々な出来事が起こりますが、人は意識しないうちに、その出来事を処理しています。その処理方法のほとんどが忘却や無視かもしれませんが、自分に直接関わるようなことだと、そうはいきません。特に就職活動においての合否や失敗などの出来事は、少なからず心が動揺するでしょう。それではどのように出来事を受け取るのがあなたにとって良いのでしょうか。今回は、出来事の受け止め方のヒントを紹介していきます。

まず、想像してみてください。仮にあなたが、複数人で行うアルバイトをしていたとしましょう。あなた以外にリーダーがいますし、後輩もいる環境です。そこで、あるミスをしてしまいました。あなたにも多少の非があります。ただ、とっても嫌味なリーダーに、「お前、使えないな〜!」と軽くなじられました。さて、その時あなたは、どのように感じるでしょうか。以下の選択肢から選んでみてください。
■アルバイトでミスして、リーダーに嫌味を言われた時のあなたの反応は?
①リーダーが怒るのはもっともだ。自分が悪い。もう、バイト辞めよう。
②リーダーが怒るのはもっともだ。次からはミスしないように工夫しよう。
③あのリーダーは、なんでも嫌味を言う人だよな。まー、ほっとけばよいか。
④あのリーダー、仕事できないくせして生意気だな。むかつく。
⑤今日の晩御飯、何にしようかな〜。

上記のなかで、あなたが思いそうな選択肢はありましたか?もちろん、人によって受け取り方は、様々だと思います。しかし、重要なことは、その受け取り方が生産性につながるかどうかであり、あなたの成長スピードにも影響するものです。さて、上記であなたが1番成長できるのは何番でしょうか。それは、②番です。何故なら、今後のミスを防ごうとする生産的な行動を選択しているからです。②以外を選択した場合は、同じようなミスを重ねる傾向があります。ミスした問題より、リーダーの言葉に振り回されているからです。ちなみに⑤番は鈍感力が極めて強い人ですが成長スピードは遅いのではないでしょうか。素直に自分のミスを認め、繰り返さない工夫を考えて、その後の行動を改善していくことが重要です。
このように、出来事の受け取り方によって、成長スピードも変わっていくことをイメージできるでしょうか。さらに、前回ミスしたことも、意識して工夫し、今回うまくいけば自信にもつながるようになります。結果として、成長への良いスパイラルも作り出すことができるのです。一方、非生産的な選択した場合は、基本的に出来事から逃げ出そうとするので、
再チャレンジしたらうまくいくことも、諦める癖がついてしまいます。さらに、自信がなくなっていき、苦手意識を持ってしまうようになるのです。就職活動は、うまくいかないこと
沢山起きると思います。その時に、是非、出来事の受け止め方を思い出してください。つらい出来事を受け止めた時に、どうするのが一番生産的なのかを考えてみてください。もし、そこで、生産的な行動を取る癖を作っていくことができれば、必ず短期間で成長していきます。短い就活期間では、その期間内にいち早く成長した人が有利に出来事を運ばせることが
できます。就職活動の成功のカギは、つらい出来事の受け止め方にあります。是非、出来事から逃げずに向き合うことを心掛けてください。

【20卒、19卒向け】就職活動やインターンイベント、セミナーに簡単登録 →新規会員登録・エントリーはこちらから

 

文:丸山 智士(就活系Twitter:就活生に知られたくないっ!※フォロワー9万以上)

著書:不安を自信に変える!就活面接【正しい】答えかた/秀和システム

  • type就活
    公式アプリはこちら
  • Google Play で手に入れようAppStoreで入手

行きたいイベントやセミナーに
簡単にエントリー

type就活エージェントを利用する
  • type就活とは
  • よくあるご質問

就活関連サービス

  • type就活エージェント
  • 東京就活キャンプ

お知らせ