2018/10/27 更新 トップが挑む「経営改革」

【 アビームコンサルティング】日系企業のグローバル成長のため1000名が海外で活躍する体制へ

  • アビームコンサルティング
  • 改革
  • 経営層

2020年以降、企業はどう成長するのか。
トップが挑む「経営改革」
ビジネストレンドが目まぐるしく変わる昨今。2020年以降も、さらなる変化の波が押し寄せてくる――。そんな中、日本を代表するリーディングカンパニーの経営者たちは、“生き残りをかけたチャレンジ”に踏み出した。各社の成長戦略や、経営理念を知り、企業で働く醍醐味を感じてほしい。

アビームコンサルティング株式会社



代表取締役社長 岩澤俊典氏 いわさわ・としのり/1966年東京都出身。東京大学農学部卒業後、伊藤忠商事に入社。アジア地域での機械ビジネスを担当。97年に現在のアビームコンサルティング株式会社に入社。製造流通業を中心に多数の業務改革、経営基盤構築プロジェクトを歴任。2000年に執行役員就任。04年にABeam US CEOとなりUS体制を拡大。帰国後07年に取締役、09年より代表取締役社長となる。グローバル成長戦略を推進し、アライアンスパートナー含めグローバル13000人体制を実現。20年までに日本人の海外プロジェクト従事者1000人を目指す

私たちのクライアントを取り巻く環境で最も劇的な変化は、デジタルテクノロジーの進化です。デジタル化やネットワーク化によって膨大なデータ収集・処理が可能になり、ビジネスの世界では「データを持つ者が勝者」と言われるまでになりました。
ところが実際は、多くの企業が「自社内にあるデータをどう活用すれば良いのかわからない」という課題を抱えています。例えば、日本の銀行は大量の顧客データを持っていますが、それを活用しきれていないのが現状です。一方で、ブロックチェーンのような新しい技術が突然現れ、今まで銀行が担ってきた決済や送金などのサービスを手数料ゼロで提供する新たなプレーヤーが登場したことで、銀行は従来のビジネスを失う危機に直面しています。このように、ゲームチェンジャーは業界の外から突然現れ、創造的破壊をもたらします。
こうしたクライアントの課題に対応するため、アビームコンサルティング(以下、アビーム)ではデジタルバリューチェーンを企業間で共創するエコシステムを実現する、『ABeam Cloud』というプラットフォームを提供しています。
これは私たちがさまざまな業界・業種へのコンサルティングで培った知見やノウハウをテンプレート化し、クライアントのニーズに応じて柔軟に組み合わせ、クラウド上で活用できる仕組みです。クラウドを使えばスピーディーかつ低コストでシステムを導入できるため、海外展開を迅速に推進したいと考える日系企業がグローバル経営基盤を構築する際に、多くの引き合いをいただいています。
最近では、従来なら1年から1年半かかっていた、生産・物流・販売・会計の全ての業務プロセスを包括した新システムを導入するという大掛かりなグローバルプロジェクトを、わずか4カ月で実現しました。さらに特筆すべきことは、20代の若手社員だけでこの実績を出せたことです。『ABeam Cloud』のテンプレートには私たちの中に蓄積された方法論やベストプラクティスが詰まっており、コンサルタント個人のスキルはもちろん、アビームという組織が持つ武器をフル活用して、クライアントにとって最適なサービスを提供できます。このアビームの組織力により、若手であってもグローバル企業に対してコンサルタントとして圧倒的な成果を出せるのです。



輸出入で稼ぐ時代から 海外の事業投資で稼ぐ時代へ



私たちは、「日本発、アジア発グローバルコンサルティングファーム」として、日系企業の海外展開支援に注力してきましたが、2010年頃から日系企業の収益の上げ方は大きく変化しています。日本の経常収支が貿易収支型から所得収支型に変わったのがその証拠です。つまり日系企業は輸出入ではなく、海外の現地法人からの配当金で稼ぐようになったということ。日系企業であっても、現地ビジネスの主導権は日本本社から海外拠点に移っています。
私たちも、日系企業の海外拠点を直接支援するため、日本から海外へコンサルタントを積極的に送り出しています。日本本社の社員のうち、海外オフィスに駐在しているコンサルタントが現在約100名。さらに海外のプロジェクトに参画するため、年間で約650名のコンサルタントが海外へ渡航しています。20年には日本本社の1000名のコンサルタントが海外現地で活躍する体制を目指しています。また、今年6月にベトナムに新オフィスを開設するなど、海外拠点拡大も進めています。
今後ますますデジタルテクノロジーが進化するのは明らかです。私たちは、世界中で次々と誕生するスタートアップの技術やノウハウをいち早く日本に導入することも積極的に行っています。最近では、米国シリコンバレーのベンチャー企業が開発した衛星画像分析サービスを『ABeam Cloud』のサービスラインアップに追加し、分析結果を利用したコンサルティングサービスの提供も開始しました。例えば災害現場の被害状況の把握に活用すると、現地での調査を短縮でき、保険会社は迅速に保険金の支払いが可能になります。このように最先端のデジタルテクノロジーを日本のマーケットに導入し業界全体や企業の課題解決に活かすことも、今後当社に期待される重要な役割だと考えています。
世界で活躍できる人材になるには、「自分がNo.1」と言える何かを持つことが必要です。その“何か”がない人はぜひアビームで見つけてください。当社には海外で働く機会や、最先端の知識・スキルに触れる機会が豊富にあります。「1番になる」という向上心がある人は、ぜひ一緒にグローバルな舞台で戦っていきましょう。



[Company info]

2003年、「日本発、アジア発」のグローバルファームとして独立。得意領域である「日系企業の海外展開支援」にフォーカスし、『ABeam Cloud』など独自のサービスを強みに成長中

企業情報

アビームコンサルティングの企業情報

  • type就活
    公式アプリはこちら
  • Google Play で手に入れようAppStoreで入手

行きたいイベントやセミナーに
簡単にエントリー

type就活エージェントを利用する
  • type就活とは
  • よくあるご質問

就活関連サービス

  • type就活エージェント
  • 東京就活キャンプ

お知らせ