2017/5/31 更新 インターンって何ができるの?

【日本総合研究所】進化する金融とITの未来を描き、構想を実現する力を身に付ける

  • インターン
  • コンサルティング
  • シンクタンク
  • 日本総合研究所

日本総合研究所

ITソリューション・コンサルティング・シンクタンクの3つの機能を有する総合情報サービス企業として、課題の発見、問題解決のための具体的な提案およびその実行支援を行う

開発推進部門 人材育成部
新卒採用担当
伊佐奏子さん

2013年4月入社。15年1月まで銀行勘定系外国為替システム担当として、グローバル規模の企画提案から実行までを幅広く手掛けた後、人材育成部に異動。新卒採用担当に着任し、ITソリューション部門のインターンプログラムの企画・実行を手掛けている

Q.プログラムの概要は?
A.金融の未来を考えて戦略を立案・実行する

 人工知能やブロックチェーンなど急速なITの進化に伴い、金融ビジネスは大きな変革期の最中にあります。そうした金融領域に強みを持つ日本総研は、金融グループのIT戦略を担う企業として、最先端の技術を用いたソリューションを提供しています。

 今までの通説が覆され、新たな仕組みが創造される時代を見越して求められるのは、“社会のインフラである金融ビジネスのあるべき姿を考え抜く力”と、“構想を実現へ導くリーダーシップ”です。
 この夏、日本総研が実施する「IT戦略コース」のインターンシップは、それを実感できるよう、新ビジネスのIT化構想を立案し、プロジェクト方針を決め、金融業界の未来を具現化するという、難易度の高い内容にしています。

Q.具体的にどんな内容?
A.「日本総研社員」として実ビジネスを体感

 金融業界の動向や変化、IT業界の基礎知識を学ぶ研修の後、5~6名のチームに分かれ、グループワークを行ってもらいます。テーマは、実際に日本総研が手掛けたリアルな事例。直面した課題に対して、“何が求められるのか”“どのような仕組みであるべきか”など、消費者、企業などのあらゆる視点に立ち考えていただきます。
 ときには、チームの仲間と徹底的に意見をぶつけ合いながら、答えのない課題に対して、実ビジネスで活用できるレベルの金融サービスを模索していただきます。

 当社のインターンシップはそれだけでは終わりません。プロジェクトを統括する日本総研の社員と同様に、企画したアイデアを実現させるための具体的な方法にまで踏み込んでいただきます。ヒト、モノ、カネをどのように駆使して進めていくのか、実現までの道筋を組み上げていただきます。

 最大の特徴は、皆さんを日本総研の社員と同様に指導させていただくこと。学生だから、知識が未熟だからなどの甘えは一切許されません。シビアなビジネスシーンで求められる金融ソリューションを提案してください。

Q.参加でどう変わる?
A.未来像を描き実行する、困難さと醍醐味を知る

 これほど濃密な経験を得られる機会はそう多くはないと思います。
 短時間で膨大な資料を読み解き、情報を取捨選択しながら課題解決のための戦略を企画する。バックボーンの異なる仲間と討議を重ね、一つの答えを導き出し、現場で活躍する社員に対してプレゼンテーションを行う。
 誰にとって最適な施策なのか、実現可能なのかなど、経験豊富な社員から学生の想像を超えたシビアな視点で指摘されます。ときには、企画案が白紙に戻されることもあるでしょう。

 そうしたインプットとアウトプットを繰り返す中で、企画案を本場のビジネスに通じるレベルの精度まで高めていきます。その過程で、情報収集、課題抽出、意見調整などのビジネススキルはもちろん、ミッションクリティカルな金融システムの未来を創造し、実現へと導くための素養が磨かれることは間違いありません。

 社会のインフラをつくるというスケールの大きな金融の仕事を疑似体験することは、学生の皆さんにとって、まだ知らない新たな仕事観に気付ける良いきっかけになると確信しています。

type就活 2018年度向け

行きたいイベントやセミナーに
簡単にエントリー

type就活エージェントを利用する
  • type就活とは
  • よくあるご質問

就活関連サービス

  • type就活エージェント
  • 東京就活キャンプ

お知らせ

  • インターン募集
  • イベントレポート
  • 就活体験談
  • 就活コラム