2018/6/1 更新 ひとつ上のインターンシップ活用術

【クニエ】一度出した解に甘んじず、課題解決に挑む力を養う

  • インターン
  • クニエ

ひとつ上のインターンシップ活用術
魅惑のプログラムを一挙紹介! 圧倒的にビジネス理解度が上がる事前準備&参加時の行動とは? インターンシップは、学生が就職前に「働く」を体験できる貴重な機会。活用の仕方次第で、得られる学びは大きく変わる。そこで、企業各社に自社が開催するインターンシッププログラムの概要や特徴のほか、参加時によりビジネス理解を深めるための事前準備や参加中の取り組み姿勢についてアドバイスをもらった。自分の中の未知なる可能性と出会うために、ひとつ上の視点を持ってインターンシップに臨んでみよう。

クニエ
NTTグループのコンサルティングファーム。日本の発展を支えることをミッションに掲げ、日本企業を支えてきたほか、グローバル案件が65%を占め、現地の製造業を中心にコンサルティングを提供している

INTERNSHIP INFORMATION
【PROGRAM TYPE】
BUSINESS
【POINT】
コンサルタントになりきり、課題に向き合う3日間


一度出した解に甘んじず、課題解決に挑む力を養う

COMMENTATOR

人事担当部長
宇佐美 博

宇佐美 博

クニエはNTTデータ発のコンサルティングファームとして2009年に誕生しました。利益至上主義、規模拡大を指向するコンサルティング業界に警鐘を鳴らし、専門性の高い少数精鋭のチームによる実行支援の業務コンサルティングを行うのが特徴です。日本経済への貢献心を志とし、企業変革の推進を通じて、クライアントへの貢献はもとより、地域経済・社会への貢献を強く意識しています。業務改革のために現場に入り込み、顧客に寄り添って成果をあげていくのがクニエのコンサルタントです。インターンシップではそんな私たちのコンサルタントになりきり、仮想クライアントの事業戦略策定の課題に、3日間かけて取り組んでいただきます。

大学での学部・専攻に関わらずご参加いただくため、最初にコンサルタントの仕事や心構え、実際にコンサルタントが活用するフレームワークを解説する講義に参加します。その後3つのグループに分かれ、実際のワークに入ります。

限られた時間の中で、妥協せず思考する力を養う

学生の皆さんが徹底的に考えられるような工夫点は3つあります。

1つ目は、現場で活躍しているコンサルタントを各グループに常時1名配置していること。プロの視点から直接指摘を受け、短期間で思考を磨くことができるでしょう。

2つ目は題材です。最近の時流や政府の方針に沿った公共性の高いケースを取り上げています。身近なテーマでありながら、与えられた課題解決の解を導くためには、膨大なデータと論理的な裏付けが不可欠です。必要なデータはあらかじめ準備していますので、精度の高い議論ができます。

3つ目は、提案までに辿り着く過程がきっちり設計されていること。どのフレームワークをどの順序で使い、いつまでにまとめるかがタイムテーブルに組み込まれていますので、思考プロセスが整理され、質の高いアウトプットが出しやすいのです。

通常であれば、2〜3カ月かけるプロジェクトの内容を3日間に凝縮させたインターンシップですので、求められるアウトプットのレベルは正直非常に高いもの。前のめりな姿勢なくしては、ついていけないこともあるでしょう。だからこそ限られた時間の中で“考え抜く”ことに、とことんこだわっていただきたいですね。導いた提案が説得力あるものか。クライアント視点から受け入れられるか。あらゆる思考を巡らし意見を発信、再考するという繰り返しの中で、皆さんが経験したことのないような濃密な3日間を過ごしていただけると思います。

また当社のインターンは、一人ひとりに目が届く規模にこだわっているため、限られた方のみの参加となっています。秀でた思考力を持つ人材とともに、考えをぶつけ合いながら、限られた時間の中で、1つの解に導いていくことは、クニエのコンサルタントの仕事の体験そのもの。情報を取捨選択し、クライアントの“決断”に立ち会うことを疑似体験できることが、私たちのインターンシップの醍醐味ではないでしょうか。

企業情報

クニエの企業情報

  • type就活
    公式アプリはこちら
  • Google Play で手に入れようAppStoreで入手

行きたいイベントやセミナーに
簡単にエントリー

type就活エージェントを利用する
  • type就活とは
  • よくあるご質問

就活関連サービス

  • type就活エージェント
  • 東京就活キャンプ

お知らせ